インタビュー

Webアプリケーションエンジニア Kさん

Webアプリケーションエンジニア Kさん

現在、どんなお仕事をされていますか?

Web系開発エンジニアとして、小売業界のお客様のオフィスに常駐しながら業務系Webシステムの開発を行っています。
基本設計からコーディングがメイン業務ですが、企画や運用・保守などにも携わっています。

少ないリソースの中で、『どれだけ業務効率化が図れるシステムを作る事が出来るか』を常に問われる現場ですが、チームで議論しながら最適解を求め、スピード感を持ったアジャイル開発を行っています。

エンジニアは得てして技術に偏向してしまうものです。それがチームの力の底上げに繋がるものですが、ユーザが想像する一歩先の体験を創造するには、広い視野で物事を俯瞰する事も必要です。

現状に満足せず、ユーザの創造を超えるパフォーマンスを示す事を大事にしています。

技術を身につける上でどんなサポートが役立ちましたか?

入社してからの3年間で、ベンダー、NPO主催のCCNAやLPICといったネットワーク、サーバ系の資格をはじめ、IPA主催の、基本情報技術者、応用情報技術者といったIT系の技術を俯瞰するような資格を取得しました。

IT業界について右も左も分からなかった入社当時を思い返すと、社内のe-Learningシステムで何度も問題演習を行ったお陰で、CCNAに合格出来たのだと思います。

また、資格取得をした際に頂く事が出来る「合格祝い金」があったお陰で必要な参考書などを買い揃える事が出来、万全の体制で試験に臨む事が出来たと思います。

なぜ、CLINKSを選んだのですか?

若くても責任のある立場を任せてもらう事が出来、先進技術に挑戦出来る企業姿勢に興味を持ちました。

2011年に就職活動をしていた当時、勃興期であったスマートフォンアプリの事業部を立上げ新しい事に挑戦していった実績や、同じ20代で取締役に就任されたT取締役や24、5歳の同年齢で課長に任命されたA課長などのお話が非常に魅力的でした。

OSやハード、サーバやネットワーク、更にはお客様の業界に関する知識など、IT業界は学生当時の私が想像していた以上に幅広く、天井の無いものでした。

どのような業務に携わっていても、業務や社会の基盤となるシステムに日々携わる事が出来、際限のない刺激の中で業務を行っています。

CLINKSを選んでよかったと思うことはなんですか?

2015年4月で入社して4年目が始まりました。これまでの3年間を振り返ると、マイペースに幅広い分野でITエンジニアとしての下積みを経る事が出来たと思います。

入社当初は、新しいシステムを企画し、サービスを立上げる事を計画していましたが、自身の技術不足などから、なかなか新しい事に挑戦が出来ませんでした。

そのかわりと言っては変ですが、自分に欠けている技術を素直に見つめ、周囲の先輩エンジニアやお客様から学びながら、一歩一歩成長する事が出来ました。

そういった環境があった事も、CLINKSの魅力かもしれません。