運用保守サービス - CLINKS株式会社

サイトマップ

運用保守

運用保守

OPERATION MAINTENANCE

24時間365日「安定稼働」のプロが提供する運用保守サービス(サーバー監視・ネットワーク監視等)

データセンターやネットワークオペレーションセンター向けにサービス停止が起こらないことを大前提とした24時間365日対応の運用保守のITアウトソーシングサービスを提供しています。
オンサイトオペレーションに加えてCLINKSの社内には、セキュリティが確保された運用ルームを用意しておりますので、遠隔対応による迅速な障害二次切り分け及び復旧対応をも、お任せいただくことが可能です。

図

2つの提供形式

01
オンサイト運用保守

お客様のデータセンターやネットワークオペレーションセンターにエンジニアが常駐させていただき、 運用保守サービスを提供します。
24時間365日の交代制でネットワーク/サーバー監視等の定時オペレーションを行い、システムの正常性を保ちます。
常駐することで、障害発生時には迅速な対応が可能となり、サービスの可用性を高く保つことが出来ます。

02
オンコール保守対応

二次切り分け先として、CLINKSの運用部門が24時間365日スタンバイしています。
お客様の監視部隊より連絡を受け、障害発生時には現場に急行したエンジニアが速やかに障害復旧作業を実施します。

運用保守サービスの特徴

1豊富な実績

CLINKSは創業以来、数多くのお客様からシステムの運用保守をお任せいただいています。
そのため、ネットワーク・サーバー・システムの運用保守はもちろんのこと、インシデント管理・課題管理・システム改善提案といったITサービスを提供するうえで不可欠となる要素の全てにおいてノウハウが蓄積され、一環した運用保守サービスの提供が可能となります。

2運用コスト最適化

運用保守をする中で、日々蓄積される問題点やインシデントを分析することは非常に重要です。
CLINKSでは、高い信頼性を持つより良いITサービスを提供するためにはどのような改善策があるかを分析し、お客様の立場に立って運用フローの改善策を提案・実行します。運用フローの改善により運用に掛かる工数が削減されるため、運用コストの最適化に繋がります。

運用保守サービスが大切にしていること

ヒューマンエラーの抑止

運用保守で最も抑えなければならない問題として、ヒューマンエラーがあります。 ヒューマンエラーを最小限に抑えることこそが、高品質の運用保守サービスに繋がると考えています。 CLINKSでは、ヒューマンエラーを抑止するために、エンジニア教育の実施や運用保守業務の最適化、ツール開発など、様々な観点からアプローチしています。

運用保守サービス特設サイト

IT-GUARD CLOUDLINKS

PAGE TOP